手軽に簡単にダイエットをする方法とは?

men01

巷にはダイエットの商品があふれています。

なんとか手軽に簡単にダイエットするには、どうすればいいのか?まとめてみます。

お正月も終わり、休みが続いたので「太ってしまったのでは?」と思われている方はいるのではないのでしょうか?

人間がダイエット、やせることは並大抵のことではありません。
だって自分のエネルギーを消費しないと痩せれないわけですから。

ダイエットに取り組むことは大変なことなので、少しでも楽しく、手軽に痩せれたらというのは誰もが思うところ。

このサイトでは、いろんな手軽にダイエットする方法をお知らせしていきます。
ダイエットに取り組んでいる方の参考になれば幸いです。

今の自分と痩せた時の自分を見比べてみませんか?

男性のダイエット方法

最近増えているのが、体型を気にしてダイエットをする男性です。
ここからは、男性に適したダイエット方法をご紹介します。

仕事をしている男性は、どうしても食生活が乱れがちです。 朝食をとらない生活が定着してる男性も多いんだとか。

男性がダイエットをするときに必要なのは、まず生活習慣を見直すこと。

夜遅くの食事や、不規則な時間帯の食事はダイエットの大敵! でも、仕事が忙しい男性はそんなこと言っていられないと思います。

また、不規則な食生活は肥満の原因にもなります。 まず食事の内容を見直すことが、男性のダイエットのポイントになるといえるでしょう。

いつも仕事に追われているから、たまの休みは家で寝ていたいという人もいますよね。
男性がダイエットをする場合は、軽いウォーキングでも良いので運動をすることが大切です。

一気に激しい運動をするのではなく、20分から30分くらいのウォーキングやジョギングといった、有酸素運動がオススメです。

男性がダイエットをする時には、月に1㎏~2㎏程度の減量をするのが理想的で、運動することや食習慣や生活習慣を健康的なものにすることによって、男性も無理なくダイエットをすることが出来るんです。

男性のダイエット方法のオススメは?

男性と女性ではダイエットの方法が多少違ってきます。

男性よりも女性はダイエットサプリやダイエット食品を好んで使うようです。
男性と女性では体の仕組みも違いますし、女性は食事を制限してダイエットをする人が多いからだと思います。

女性のように食事を制限したダイエットは、男性は到底耐えられるものではないでしょう。

男性は筋肉量が多いので、女性と同じようなダイエット方法では体力が極端に落ちる危険があります

男性がサプリメントを使ってダイエットをする場合、筋肉増加や代謝促進を促すものが多いといいます。 プロテインを利用している人も少なくないでしょう。

運動をメインにしサプリメントを摂取していくダイエットが男性にはオススメです。

単純に食事量を減らして体重を落とすダイエットは避け、体内の脂肪が筋肉になるようなダイエットを意識しましょう。 体重を減らすというより、しっかりと筋肉をつけて体を引き締めることをオススメします。

普段の生活内容や女性との体の違いなどを意識し、体質改善を図ってダイエットをしましょう。

男性のダイエットは運動が効果的

ダイエットを意識する男性は増えています。

体型などの見た目の問題だけではなく、メタボ予防や解消など健康のためにダイエットをするという男性が増えているんです。

実際にダイエットをする場合、女性のように食事制限をするよりも男性は運動を中心としたものを好むようです。

ダイエットでは適度な運動とバランスのいい食事が前提となります。 食べすぎを避け、男性の場合は運動を続けることでダイエットは成功します。

週に数回のジョギングといった少し激しい運動でダイエットをする男性は多く、ダイエットのやり方としては間違ってはいません。

男性は女性より筋肉量が多いので食事制限をして体重を落とすよりも、運動で内臓脂肪を燃やすダイエット方法が有効です。

ただし、開始直後から過度な運動をしすぎて体調をくずさないようにしましよう。
仕事が忙しくて運動する時間がなかったり、普段あまり運動をしないという男性も多いと思います。

きつい運動をしなくても、エレベーターを使わず階段で移動するなどの簡単な運動もオススメ。普段の生活の中で、軽い運動になるようなものを実践するようにしてみましょう。

男性のダイエットのポイントは、体を動かす習慣をつくることなんです。

脚のダイエット

足痩せの中で、特にサイズダウンが期待できる部分がどこか知っていますか? それは

◎ ふくらはぎ

です。

ふくらはぎは余分な脂肪分やむくみを取り除くことで、比較的簡単にサイズダウンすることができます。 余分な脂肪やむくみを取ると言うのが一番効果的な方法です。

ただ、日ごろから積極的に運動している人は脂肪やむくみがそれほどないので、今以上のシェイプアップは難しいです。

せっかくの筋肉まで落としてしまうようなダイエット方法は、逆に新陳代謝を下げることになるので避けたほうがいいでしょう。

 

アンバランスな歩き方をしている人は、ふくらはぎが太く見える人が多いと言われています。

ふくらはぎが太くなる原因は、アンバランスな歩き方によりふくらはぎにある腓腹筋とヒラメ筋が肥大化することにあります。

ですので、歩き方を矯正することにより、ふくらはぎのシェイプアップが期待できます。

 

またマッサージでのシェイプアップであれば、ふくらはぎに筋肉がつくのを避けられます。

足にあるさまざまなツボを刺激することで、体の調子を整える効果や足ツボマッサージでは、代謝を促す効果が期待出来るでしょう。 むくみもとれるので足痩せ効果も自然と期待出来ます。

ふくらはぎ周りの筋肉を揉みほぐし代謝を促がすことが、マッサージでふくらはぎをシェイプアップさせるコツなんです。

お酢がダイエットにいい理由

お酢がダイエットに良い理由は全部で3つあります

  • 脂肪の燃焼を促進し、新陳代謝を活発にする
  • 血中の総コレステロール値を下げる
  • 血糖値の上昇をゆるやかにする

 
このような、お酢の効果を利用してダイエットをする人は多くいます。

また、お酢には健康なカラダを作る効果が期待出来ます。

  • 免疫機能の向上の効果
  • 血圧を安定させる効果

つまり、お酢でダイエットをすることで健康なカラダを作り上げる効果も期待出来るんです。

さらに、お酢は体内でエネルギーを作り出す、クエン酸回路という機能を助けます。
うまくクエン酸回路が動かないと、体に疲れがたまってしまうんです。

クエン酸回路をうまく動かす → 疲労回復が早くなる → 長時間のダイエット運動がしやすくなる

というダイエットの仕組みができあがります。

また、お酢には便秘解消の効果もあります。 お酢が腸の運動を活発にするからなんです。
便秘が続くと下腹がポッコリと出てしまうので、シェイプアップをしたい人には嬉しい効果ですよね

さらに、お酢を飲むと血液がサラサラになって血流が良くなります。
お酢の摂取で中性脂肪が減少することによるものです。

血流が良いと健康にはもちろん、代謝が高まって脂肪が燃えやすくなることで、さらなるダイエット効果が期待できます。

ダイエットと健康効果を得るために、普段の食生活の中でも積極的にお酢を摂取するよう心がけたいですね。

お酢を使ったダイエット方法

お酢を使ったダイエットの方法です。

もろみ酢・黒酢・りんご酢などでダイエットを行う場合は、1日30mlのお酢を目安に摂取するのがオススメです。

朝にお酢を1杯飲み、その後は毎食の食前に飲むという方法があります。
食前にお酢を飲むと、体内の脂肪と結びつく力が強くなります。

注意したいのは空腹時のお酢です。 胃が荒れる原因になります。

お酢独特の酸味、ツンとくる香りが苦手だという人は、牛乳や炭酸水と混ぜて飲むといいでしょう。 野菜ジュースやトマトジュースに混ぜると、酸味がほとんどわからなくなります。

砂糖やはちみつなどで味を調節できますが、カロリーが多くなりすぎないよう注意しましょう。

お酢を摂取したあとにウォーキングなどの有酸素運動をすると、ダイエット効果がアップすると言われています。 ダイエットのために運動をしている人は、運動の直前に酢を摂取することをオススメします。

お酢以外の酵素や栄養素をバランスよく摂取することも、代謝をアップさせるには重要です。
体温が低いと基礎代謝が下がるので、お酢を飲んでも効果がいまひとつになってしまいます。

生活習慣の改善や睡眠の質の向上などで体温をコントロールし、
ダイエットが効率よくできるように工夫してみましょう。

ダイエットに使うお酢の種類

ダイエットに使うお酢の種類は料理に使う米酢や玄米酢の他にも色々なお酢があります。

ダイエットには飲みやすさや栄養素を基準に、自分に合うお酢を選びましょう。

ダイエットによく使われるお酢は

  • もろみ酢
  • 黒酢
  • りんご酢
  • 香酢

 
などです。

もろみ酢は泡盛や焼酎のもろみから作る天然の醸造酢で、お酢独特のつんとした感触が少ないことが特徴です。

もろみ酢にはダイエットに有効なクエン酸のほか、様々なアミノ酸が豊富に含まれています。

黒酢は1~3年もの時間をかけて作られます。
長時間熟成の作用でアミノ酸が褐色に変化しているので、黒酢と呼ばれているんです。

黒酢は特にアミノ酸が豊富なので、運動後の脂肪燃焼効率アップが期待できます。

りんご酢は、りんご果汁から作ったりんご酒に、酢酸菌を加えて更に熟成させたものです。
他のお酢と違って天然の甘さがあり、飲みやすいのでダイエット用に好まれています。

りんご酢は、りんごと醸造酢、黒糖で手作りをすることができます。
お酢の種類はいろいろありますが、スーパーやドラッグストアでたいてい簡単に買うことができるので、ダイエットに是非お酢を取り入れてみましょう。

そもそも内臓脂肪とは?

ダイエットと内臓脂肪には密接な関係があります。
内臓脂肪には皮下脂肪型と内臓脂肪型に分けられます。

内蔵脂肪は肥満とよく言われますが、肥満には2種類に分けられます。

◎ 内臓脂肪型の肥満

内臓の周囲につく脂肪が内臓脂肪。
お腹が出ているのに肉がつまめない場合は
このタイプが多い。

◎ 隠れ肥満体型

外見は肥満に見えないが、内臓に脂肪が蓄積されている。

内臓脂肪は健康へ及ぼす危険性が大きいとされているので、ダイエットによる改善が必要です。

体内に内臓脂肪がたまると、高血圧や高血糖などの生活習慣病になることもあります。
メタボリック症候群が注目され始め、最近では健康のためにダイエットをする人も増えています。

ダイエットは体重が減ればいいというものではなく、体脂肪を減らすことが重要だという認識も広がっています。
内臓脂肪は有酸素運動で減らしやすい脂肪です。
ダイエット直後にお腹がへこむ理由が、真っ先に内臓脂肪が燃焼するからだそうです。

内臓脂肪をすぐに減らすことができるからといって、油断はしないでくださいね。

運動などにより、内臓脂肪から遊離脂肪酸が血液中に溶け出すことが高血圧や糖尿病の原因にもなります。

内臓脂肪がつかない状態、ダイエットの必要のない状態を維持することが重要なんです。

内臓脂肪はどうして増えてしまうのか?

ダイエットで内臓脂肪を減らす前に、なぜ内臓脂肪がたまるのかを理解しておきましょう。

増える原因を取り除いていけば、ダイエットの必要すらなくなるといえますからね。

内臓脂肪がたまる大きな要因は、運動不足と食べ過ぎ、食事から得たエネルギーは運動で消費されます。

体には、使い切れなかったエネルギーを脂肪としてためる性質があります。

内臓脂肪は皮下脂肪よりも運動によるダイエット効果が出やすい場所で、逆にこの脂肪は運動不足により貯まりやすいものといえます。

特に、高カロリーの食事を大量に摂取すると、内臓脂肪はすぐに増えます。

肉や油もの、ジャンクフードなどを意識せずに食事をしているとカロリー過多になりがちです。

ダイエットで内臓脂肪を減らす場合は、まず運動不足の解消をしましょう。
それと並行して、ダイエットに適した食生活の見直しが必要です。

基礎代謝の低下が内臓脂肪の増加を促すことがあります。
基礎代謝の低下は加齢などにより徐々に起きるもの。

若い頃のままダイエットせず食事をしていると、知らぬ間に使い切れなかったエネルギーが
内臓脂肪に回されるので注意したいですね。